牧歌的天野浩成さん情報の記録

『インディゴの夜』、劇団EXILE、サウンドノベル『428』出演の俳優・天野浩成さんファンサイト【牧歌的天野浩成さん情報】更新記録&各種備忘録。
カテゴリー  [レポ ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

したコメUST放送 第5回したまちコメディ映画祭in台東 レッドカーペット 『メンゲキ!』部分詳細 

★したコメUST放送 レッドカーペット★

 こーきさんが教えてくださった(ありがとうございます!)したコメUST放送のレッドカーペット映像について。
 【したコメUST放送:第5回したまちコメディ映画祭 レッドカーペット】

☆49分頃から、レッドカーペットスタート地点で人力車を降り、『メンゲキ!』チームが紹介されている音声。
 ラーメンを食べたくなる映画、といった映画の紹介。
 フォトセッション(ムービーも)のあと、御挨拶。
 小沢一敬さん「何を?」「自己紹介ですよ!」のあと…
 「今回、『メンゲキ』という映画を作らさせていただきまして、私、脚本を担当させていただきましたスピードワゴン小沢と申します。よろしくお願いします」
 青柳さん「今回『メンゲキ!』で主役の本郷晋之介という役をやらせていただきました、青柳翔です。よろしくお願いします」
 秋山さん「同じく、劇団EXILE、風間凌役を演じさせていただきました、秋山真太郎です。よろしくお願いします」
 天野さん「白川役、天野浩成です。よろしくお願いします」
 …天野さん、短く早口!

☆どのへんが脚本づくりが大変かと問われた小沢さん「観終わった後にラーメンを食べたくなるような気持ちにさせることが大変でした」という小沢さんに「まんますぎるだろ! 考えろ!」と、総合プロデューサー・いういとうせいこうさんの(?)ツッコミ(笑)。
 小沢さん「いやあ、本日はお日柄もよく、皆さん、お足元の悪い中ありがとうございます」と、「どっちなんだよ!」というツッコミをMCをされているチーフディレクターの大場しょう太さんからもいとうさんからも頂く御挨拶(笑)
 (ここで、中継地点を通ったLiLiCoさんの映像が入ったため、音声ちょっと中断)
 小沢さん「今日はこのレッドカーペットでね、この4人で満点大笑いを狙います」
とボケ、「その『レッドカーペット』と違うわ!」とツッコミを得…
 小沢さん「まあ、こんな感じですよね。よろしくお願いします」
 と、レッドカーペットに向けスタート。

☆この4人には、別のテレビ取材が入ったとの紹介。

☆よくバラエティで小沢さんと一緒になるといういとうせいこうさん「小沢くんの別の一面が見られて…来てくれることを直前になって知ったんですよ」とコメント。
 見ているいとうさんからも、ちょっと違う小沢さん?と問われ「責任感のある小沢くんになってますね、今日は」
 いままでどれだけ責任感なかったんだよ!という話に(笑)

☆その後も、心のあったかくなる映画、高校の演劇部がその後あることでまた演劇をする、その淡い描写がいい、夢を忘れないことの大切さを思い出させてくれる、等『メンゲキ!』の紹介。

☆59分30秒頃から、中継カメラの映像に、お客さんと握手等しながら歩いてくる『メンゲキ!』チームの皆さん。
小沢さん、中継カメラをみつけて、青柳さんを呼び寄せ。
小沢さん「レッドカーペットに、青柳くんに来ていただいております!」と、MCさんのように(笑)。
青柳さん「ありがとうございます、劇団EXILEの青柳ぎぎぎぎぎ…です」と、御自分の名前でかみまくり!
小沢さん「今回はどんな映画に参加されたんですか?」
青柳さん「映画『メンゲキ!』という映画に、本郷晋之介という役でやらさせていただきました」
 …と、インタビュー的なやりとりをしていて、思わず笑っちゃうおふたり。
 それでも
小沢さん「この映画はどういう」
青柳さん「この映画自体二重じかけになってまして、観て頂いた方にスカッとする、気持ちいい気分にしてくれる映画だと思ってますんで、皆さんぜひ」

☆…と、青柳さんが話している間に、天野さんがフレームイン!
 青柳さん「明日も放送…上映されますし、DVDのほうも出る予定になってますので、皆さんぜひチェックよろしくお願いします」
 という間に、秋山真太郎さんも含め、『メンゲキ!』チーム、映像にせいぞろい。

☆青柳さんコメントが終わると天野さん「これ、ユーストですか」。
 小沢さん「これ生放送」
 天野さん「今、つながってるんですか」
 小沢さん「つながってる」
 “つながってる”とわかると、画面に向かって手を振る天野さん。
 秋山さん「“つながってる”って…超汗かいた…」と、何年たっても天野さんの妖精ぶりに慣れないケハイの秋山さん。
 そんな秋山さんをバックに、天野さん「明日、観にきてください。よろしくお願いします!」
 秋山さんも「よろしくお願いします!」

☆小沢さん「じゃあ、行くぞ! 男前ども!」
 と、3人を連れ、再びレッドカーペットを、浅草公会堂に向け出発。


 【『メンゲキ!』舞台挨拶】での秋山さんのお話によると、ゆっくりお話をされたのはこの30分前くらいが初めてとのことですが、とてもそうとは思えない小沢さんとのなかよしぶりが楽しく!
 握手等のふれあいたっぷりのレッドカーペット、楽しかったです!



※牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に 2012/09/17(Mon) 11:18 に書き込み
スポンサーサイト
[ 2012/09/17 11:24 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『メンゲキ!』舞台挨拶@第5回したまちコメディ映画祭in台東 

★『メンゲキ!』舞台挨拶@第5回したまちコメディ映画祭in台東★

 第5回したまちコメディ映画祭in台東のプログラムとして浅草中映劇場で行われた、『メンゲキ!』舞台挨拶つき上映、行ってきました!
 関東での『メンゲキ!』公開時には、たくさんの登壇者でのトークでしたが、今回は青柳翔さん、秋山真太郎さん、天野浩成さんのLDH3人組オンリーということで、どんな感じになるか大注目!
 天野さん vs 劇団EXILEズと立場が分かれての、面白い展開も!!


【“僕が思ったことは全部、秋山くんに” 御登場&ごあいさつ】

 舞台挨拶は、上映前に。
 MCは昨日のレッドカーペットで“見た目はガイジン(御両親がともにハーフ)、でも英語はしゃべれない”と紹介されていた、奥浜レイラさん(@layla_okuhama)。
 青柳さん、秋山さん、天野さんは、その順番に下手側の入口から登場、ステージへ。ステージ上の並び順も、上手からその順番。

 そして、最初の御挨拶。
 青柳さんは、今回の映画祭出演で、スタッフやお客さんが温かく迎えてくれてうれしい、DVDにもなる『メンゲキ!』がたくさんの方に観ていただけるよう、これからもスタッフと頑張りたい、といった御挨拶。
 秋山さんは、公開は基本的に終わっているため、なかなかスクリーンで観る機会がないので、楽しんで帰っていただければ、と。
 そして天野さん。
「おはようございます。天野です」と、さすがにフォーゼファイナルのようなテンションはなく(笑)、静かにオトナに。
「僕が思ったことは全部、秋山くんにしゃべられてしまいましたので」
…と、いきなりそんなことになってる天野さん!
「はい、楽しんでくれたら…うれしいです。よろしくお願いします」
と、最初からややヨワヨワに!


【“テンケツっておかしいですかね?” 天下一品40周年記念映画】

 まずは青柳さん、天下一品40周年記念映画主演のオファーを受けたときの感想。
「えっ?」
 …質問が答えにくいというリアクションかと一瞬思いましたが!
「えっ? ラーメン!? っていう感じ。
最初は天下一品で働く下っ端役かと思ったら、天下一品が出てくるわけでもなく。
でも、台本を読んだとき、テンケツもあって…」
 と、言いかけてから。
「“テンケツ”って、おかしいですかね?」
 …御自分の言葉にすぐ疑問をもっちゃうあたり、天野さんにパターンが似てます(笑)。
 こういうときにフォローしてくださるのは、もちろん秋山さん。
「テンカイ? …展開がありますし、青春ないいストーリーで、うれしかったです」

 そして、そういう青柳さんトーク & 秋山さんフォローがされている間、どこかを見ている天野さん。


【初めて!? 脚本・スピードワゴン小沢さん】

 秋山さんには、お笑い芸人のスピードワゴン・小沢一敬さんによる脚本を読んで、映画監督もされている秋山さんがどう思われたかという質問。
 秋山さん「難しくないですか? 僕だけ?」
 とおっしゃりつつも「純粋な、心のきれいな人達のお話。書いた方はどういう方かと思ったら、昨日初めて…」
 と、秋山さんが言いかけると、MC・奥浜さん「昨日初めて?」と、思わずという問いかけ。
「ゆっくりお話ししたのは昨日初めてで、子供のようなピュアな方で、飲みに行こうよ、と仲良くさせていただいて…こういう人が書かれたのかと」
 この秋山さんのお話に、MC・奥浜さん「昨日のレッドカーペットで仲が良さそうだったので、初めてしゃべったとは…」と、【したコメUST放送:第5回したまちコメディ映画祭 レッドカーペット】(『メンゲキ!』チームのフォトセッションの音声は49分頃から、映像は59分30秒頃から)で「いくぜ男前ども!」とLDH3人組を率いていらした小沢さんをみると確かに! なリアクション!!
 秋山さん「あの30分くらい前に…」
 30分であの仲の良さ(笑)。フレンドリーです小沢さん!!
 青柳さんも「楽屋楽しかったですね」 秋山さん「楽屋楽しかったです」と、楽屋から和気藹々だった模様。


【“どうしよー、ってしゃべってたよね” コインランドリーにて】

 天野さんには、名場面のひとつ・青柳さんに殴りかかろうとするコインランドリーのシーンの撮影では、ぴりっとしたりしたかという質問。
 天野さん「(青柳さんに)前後しゃべんなかったよね?」
 ところが天野さん、青柳さんに聞き返されたりするうち「しゃべんなかったよね? しゃべったか」と、自ら否定の通常コース(笑)。
 青柳さん「しゃべってましたよ(笑) 結構しゃべってましたよ」
 天野さん「いやー、大変だねー、ってしゃべってましたね」
 と、いう天野さんでしたが…
「コインランドリー閉まっちゃってたりして」
 …さらっと言われた重大なことに、MC奥浜さん「閉まっちゃってた?」と、ワタシタチの疑問を常に代弁してくださるツッコミ!
 天野さん「撮影しようと思ったら、コインランドリーのシャッターが閉まってたんですよ。
 どうしよー、ってしゃべってたよね」
 また“どーしよー”がゆるい天野さん…
 これには、秋山さんも「そんなことあるんですか」と、微妙に驚愕。
 天野さん「そんなことありました」…そのあとどうしたんでしょうか!
 それでも「僕は、全編通してあまり感情を出さない役だったので、あそこは唯一テンションが上がるところで、やって楽しかったです」と、大切なおはなしを。

 親友につかみかかることは、実生活でありますか、という質問には、ちょっと考えてから「ありますね」。
 意外なような、意外でないような。
 青柳さん「毎日秋山さんに殴りかかってます」
 秋山さん「仮にも先輩ですからね!?」
 さらに「たまに、(青柳さんから)秋山さん、どこにいますか、って電話きて。家だよ、って言ったら、30分以内に来てくださいって。
 なんか俺、先輩なのに呼び出されてる!? って。物腰は柔らかいんですが」
 青柳さん「ヒマなんですよ」
 MC・奥浜さん「ステージ上で「ヒマなんですよ」っていう役者さんもあまりいらっしゃらない…」


【“とりあえずラーメンさえおいしそうに作ってくれれば” 役づくり】

 ラーメンを作る役づくりについて(秋山さんには、ラーメンを食べた感想)。
 天野さん「衣装合わせのとき、普通はこういう役だからとか、こういう作品だからこう演じてほしいとか言われるのに、とりあえずラーメンさえおいしそうに作ってくれればそれでいいから、って。ああわかりました、って。
 今回は、ラーメンがおいしそうに見えるように作ることに全力をかけました」
 そして青柳さんに「家で練習したよね?」
 青柳さん「練習しました」
 天野さん「お持ち帰り用のやつ…」
 でも、家ではあまりできなかった、等おっしゃっている青柳さんに。
天野さん「(青柳さんは)うまいんだよね! ラーメン作るの」
 青柳さん「初めて言われたんですけど(笑)」
 MC・奥浜さん「もともと作られるんですか?」
 青柳さん「全く作らないです! 自炊も全く。家にお皿もないです。コンロの上に酒しかないです」
 …家でお湯も沸かさない、ガスも引いてない、とおっしゃっていた、かつての天野さんと同じニオイがします(お酒はあるところもおんなじ!)。
 青柳さん「(練習道具は)当時はあったけど、引っ越したんで。でもキッチンが狭くて(ラーメン作りの動作は)できなかったです」

 秋山さん、ラーメンの感想を聞かれ「おいしかったです。でも二人が作ったのは食べてない…」
 青柳さん「食べたじゃないですか!」←急に甘え口調
 秋山さん「食べてないよ」
 青柳さん「食べてない…」
 秋山さん「食べてないよ」
 …なんなんですかこのお二人は(笑)

 現場では天下一品のラーメンを、《こってり》だけでなくいろいろ選べたというお話。
 天野さん「メイクルームの隣でラーメンが、いつでも食べれる状態で」
 何食くらい食べたかときかれ。 
 天野さん「相当食ったよね!」
 青柳さん「俺、弁当とラーメン食ってました! 夜メシ食えねえ!って」
 体重が増えたりしませんでしたか、という質問には…
 天野さん「撮影が忙しかったからね」
 と、体重増はなかった模様。


【“お母さん以外だよね?” 女性に泣きつくとき】

 主人公がピンチのときに、泣きながら女性に抱きつくシーンがあったが、男性からみてどう思うか。
 さらに、個人的に、ああいうときに、女性に何と言ってもらうとうれしいか。
 …という、練られた質問登場。

 青柳さん「泣きつくことってなかなかないですよね」
 …しばらく流れる沈黙。
 青柳さん「…なんでなんも応えてくんないんだよ!」
 …青柳さん、センパイ、センパイ!(笑)
 秋山さん「…俺見てんの!?」
 青柳さん「今、誰も見てないです」
 秋山さん「今、目がすげえうつろだよ!」
 …なんなんですかこのお二人は(笑)

 秋山さん「僕もないですね」と、自分はさらっと流しつつ…
 「天野さんはどうですか? 女性…」
 と、自ら天野さんのことを聞き出しにかかる秋山さん。
 天野さん、ぼそっと「ない」
 と、秋山さん & ついさっきまでうつろな目をしてた青柳さん「まさかの!」「まさかの!」「ホントですか!?」「ホントですか!?」と、いきなりイキイキとシンクロして好奇心をむきだしにする劇団EXILEズ!!
 天野さん「超へこんでるときとか?」
 秋山さん「そうです!」←なんでそんなに力入ってるのかわからない秋山さん
 天野さん「お母さん以外だよね?」
 天野さんの“お母さん”が聞けて超ラッキー!
 秋山さん「もちろんです! 女性です!」←ほんとに、なんでそんなに力入ってるのかわからない秋山さん

 言ってほしい言葉は…とMC・奥浜さんに改めて問われて「基本、無言です。こう…よしよし、って」
 …なんかかわいい天野さんですが。
 天野さん「…なんかオレ、超きもちわるいことになってません?」
 もしかすると『ぼくの夏休み』の佐々倉祐一先生役がトラウマになってるかもな天野さんに…
 秋山さん「実際はどうなんですか? 別にそういうことはない?」と、リアルな天野さんの日常を聞き出しにかかり(ほんとに、なぜそこまで力を入れて…)。
 「ないかもしれないけど、抵抗はないですね」という天野さんの答えに「へぇー」と感心する劇団EXILEズ。
 天野さん、客席に「女性からして引きますか、それは」と問いかけ(客席になんでもすぐ聞いちゃう天野さん)。
 引かない、という反応が返ってくると「じゃあオレ、あるかもしんない!」。
 …天野さんはおおむね何をしても“カワイイ”ですむので、最初から“ある”で、超おっけーでございます!!

 その一連の天野さんを見ていた青柳さん、急に「考えたけど、俺、ないっす!」
 そして「秋山さんは?」と詰める青柳さんに(秋山さんといい、なんでそういうことを追及したがる劇団EXILE…)、天野さんに小声で「アキシンあるじゃん」などと言われていた秋山さん「ホントにないっす!」
 すると天野さん「劇団(=劇団EXILE)はそういう感じなの?」
 秋山さんが「そういうわけじゃなくて!」と否定してるのに、天野さん「やっぱ“男らしく”みたいな感じ?」
 「ホントにないです」「全然ないです」と、なぜか必死に否定する秋山さん&青柳さん。
 天野さん「それもひっくるめて、全部見せれる人がいるってのはいいじゃん! ってことにしとこう」と、きれいにまとめにかかる天野さん。
 「オレがきもちわるい人になってるから…」と、“きもちわるい人”じゃなくなるために一所懸命(笑)
 MC奥浜さん「1対2みたいになってしまいましたが、答えが出ないので…」と、たぶん質問したときにはこんな感じになるとは思っていらっしゃらなかったケハイの幕引き。


【“監督、僕達の人力車おっかけて” 四季監督登場】

 ここで、客席に四季涼監督がいらしているということで、登壇していただくことに。
 監督、ダッシュで登壇!
 MC・奥浜さんに「登壇すると思っていない普段着のままで」と解説される、赤のポロシャツにジーンズの膝丈パンツという、超普段着スタイル。
 天野さん、さっとスタッフさんに監督用のワイヤレスマイクをお願いして監督にお渡し、と、気働き!

 天野さん「きのうレッドカーペット来てくださった方はわかると思うんですが、監督、僕達の人力車おっかけてずっと写真撮ってました!」
 …と、監督の『メンゲキ!』への愛着を感じさせてくれるエピソードを!

 みどころ等聞かれた四季監督「青柳さん、秋山さん、天野さんがめちゃくちゃかっこいいので楽しんでください」と、シンプルに。


【“もう大きなスクリーンで観てもらえることは” 最後のごあいさつ】

 監督はそのまま舞台上にいていただいた状態で、最後のごあいさつ。

 天野さん「さっき秋山くんも言ったんですが、もう大きなスクリーンで観てもらえることはないと思うので、今日はありがとうございます。最後まで楽しんでいただけたらうれしいと思います」

 秋山さん「二度目の青春…ちょっと疲れたときに、一所懸命夢を追いかけてる仲間を応援しようっていう…」
 …と、秋山さんが話していると、四季監督がしきりにゼスチャーで“OK!!”を出しまくり。
 そんな監督を見て、天野さん、にっこにこ!

 青柳さんは、二重じかけ、見終わって気分が晴れる映画、と、青柳さんが映画の説明で必ず入れてくる“二重じかけ”というキーワードの入ったごあいさつ。


【“おめでとうございます” フォトセッション】

 最後にフォトセッション。
 監督も一緒に…ということで、四季監督「イケメンさんの横に…すんません」と、なんか可愛く。
 そんな監督さんの肩の背中側と胸側に手を添えて、自分よりも真ん中に立ってもらう天野さん。
 そうして隣に立った監督さんに、青柳さん「足踏んですみません」(笑)。

 撮影が始まると、青柳さん「めっちゃ恥ずかしいですね」。
 MC・奥浜さん「近いですからね」
 …とおっしゃるように、【浅草中映劇場】、ステージが近く、あまり高くないです。
 その中映劇場も、【浅草中映劇場:閉館のお知らせ】にあるように、10月21日で閉館となり、映画祭パンフによると、それによって台東区内の映画館がなくなってしまうとのこと。
 『メンゲキ!』、貴重な上映!

 フォトセッションの最後のほう、女性記者さんから。
「HIROさんが御結婚されましたが、どうですか。おめでとうのコメントなど…」
と、LDHの社長さん・EXILEのHIROさんについて、キターッ!
 これに対し、青柳さん、即
「おめでとうございます」
と、その記者さんに向かっておじぎ。
 その武骨なリアクションに、会場思わず笑いが起きていたのですが、【シネマトゥデイ:2012年9月16日_青柳翔、舞台上からHIROの結婚を祝福】のような記事になっちゃうところが、ある意味驚愕(笑)。
 そして、監督さん & 青柳さん、秋山さん、天野さんは、もときた下手側出口から、手を振りながら退場、『メンゲキ!』上映に。


【終映後。】

 『メンゲキ!』終映後、四季監督は館の出口のところに立って、お客さんに挨拶し、よかった、との言葉を受けたり、写真撮影に応じたりされていました。
 ちょっと久しぶりに観た『メンゲキ!』、天野さん白川くんの「今のセリフ、リアルに言ってたぞ」の笑顔でうるっときたりとものすごく感動したので、映画祭パンフを買ってサインをいただいてしまいました。
 大きなスクリーンでまた観られて、ほんとうによかったし、10月3日発売のDVDもますます楽しみになりました!!


※牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に 2012/09/17(Mon) 09:33 に書き込み
[ 2012/09/17 09:33 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

仮面ライダーフォーゼファイナル 天野浩成さん関連レポ(パーツ) 9月9日14:00回  

★天野浩成さん的ポイント 『フォーゼ』ファイナル 9月9日(日)14:00の回★

 フォーゼファイナル、“レポを書く前にとりあえず、天野さん関係のポイントを列挙しよう”第3弾(第1弾:【9月8日(土)11:00の回】/第2弾:【9月9日(土)17:30の回】←どこにあるか忘れるのを防ぐため、更新情報ブログにストック)。
 “できる限りさらっとすばやく”の理想は遠のきつつありますが、全回ひととおりいきたいです!


☆弦ちゃん・福士さんの「宇宙、いくぞー!」、賢吾・高橋さんの「お前らのさだめは、オレが決める」にはじまり、『フォーゼ』キャラのものまねや「お前らのさだめは…」シリーズで、ライダー部のみなさん御登場。
 天野さんはいつものように「みなっさん、元気ですか!!!」と、思い切りおおきなこえ & ハイテンションで登場!
 そうやって舞台センターまでくると、マイクを手にして、しばらく黙ったままの天野さん。
 そして、言い始めからわらっちゃいながら…
「お前らのさだめは……」
 そこでまた、タメがあって…
「……なんとかしろ」
 …ゆるい!!
 「速水公平・天野浩成です。よろしくお願いします!」
 なんかもう照れてわけわかんなくなっちゃったのか、“役”とか“リブラ・ゾディアーツ”とか、すっ飛んじゃってる天野さん(笑)
(ちなみに我望様・鶴見さんは、高らかに「お前らのさだめは、最高だと決まってる!!」 …鶴見さんが最高です!!!)

☆しばらくステージ上の皆さんが、お客さんからの声援を聞いている時間。
 MCさんの「どうしましょうか」に、天野さん「うえのひとー!!!」
 …【2005年8月20日午前_DVD『義経と弁慶』発売記念トーク&握手会】で、林剛史さんも珍しくしぼみがちで間があいちゃったりしたとき、唐突に「アリーナの皆さん、元気ですか」(←京都・太秦映画村の劇場、中村座のステージ上で)とか言い出してた天野さんを思い出します!
(そのとき御一緒だった木下あゆ美さんと『フォーゼ』劇場版『みんなで宇宙キターッ!』で御共演というのも感慨深く!)
 立神・横山さん「落ちるなよ」
 …横山さんの優しさと、天野さんとのコンビぶりにシビれました!!!

☆鶴見さんが、コックの格好をしてスープを出すのは予想外だった…という話をされているとき。
 MCさんの、全員が一緒に芝居されたのはあのときが初? という質問に天野さん、さびしそう…
 鶴見さん「校長いないですね」
 天野さんのしょんぼりに、笑っちゃってる鶴見さん(笑)
 天野さんがさびしそうにしてると、今回のイベントではもう“天野さんの王子様”級の活躍をしてくださってるJK・土屋さんがすかさず!
 「校長いないですけど、ダディバナ…天野さんは」
 と、軽くオンドゥルネタをはさみつつ。
 「昨日、大人キャストが一人でさびしそうだったんですけど、心なしか今日、ずっと笑顔なんですよ!」
 よく観てます土屋さん!……というか、ずっと天野さんの表情をチェックされてたんですかーっ!!(超・天野さん担!)
 天野さん、大人キャストさんが一緒で & 土屋さんにかまってもらえて、にっこにこで「今日楽しいです!」

☆3人は後半、赤い部屋で一緒のシーンが多かったですが…との振りに。
 鶴見さん「この3人はチームワーク、バッチリでした」
 土屋さんが「こっち(ライダー部)もバッチリ」と返すと「そうですか?」
 「チームワークはバッチリ。赤い部屋で。赤い軍団」
 と、いきなりトリオの名前をつけちゃう鶴見さん!
 速水先生、大好きな我望様に“赤い軍団”にいれてもらえて、よかったね!!
 MCさんが、立神さん&速水先生のことを「家来」とちょろっと言っちゃったあと、それは違うという感じでなんて呼んだらいいかわからなくなってると、鶴見さん「私のホロスコープス」と、さらに立神さん&速水先生が歓喜しそうなお言葉を!(これがカリスマ!!!)

☆鶴見さんの「ときどき、我々(大人ホロスコープス)のシーンはVシネマみたいになってしまうのがね…
 彼(立神さん)をスカウトするところとか、Vシネマそのものでしたね!」というお言葉に続いて、京都編の立神さんと速水校長のバーでのシーンも、Vシネマ的では…と。
 横山さん、天野さんをさして「かわいそうなの、ボコボコにされて」
 天野さん「ボッコボコにされるんですけどね!」
 横山さん「『酒は独りで静かに飲む』…それを邪魔したから。かわいそうに」
 …横山さんがすっごく優しく“かわいそうに”を繰り返してくださる様子をみると、天野さん、きっと横山さんのことだいすきだろうなー、と。
 天野さん「ゾディアーツなのに、強制解除っていう…」
 (そういえば『仮面ライダー剣』では橘さん、変身強制解除になってたシーンが多かった印象…“ライダー=変身強制解除される存在”と思っているらしい天野さんがいじらしくて涙モノ!)
 立神さん「(立神がレオに)変身しないで(リブラを)やっつけたもんね」
 …変身解除されても全然困らない方がここに!

☆MCさん「最後は、理事長を守って…ということになりましたよね」
 天野さん「そうです」
 鶴見さん「守っていただいたんですが、目的は達成できませんでした」と、ちょっとすまなそうに。
 「でもライダーと友達になってよかったです。友達になったから今日みんなと会えた!」
 福士さん、どうですか!と振られた弦ちゃん・福士さん「そうですね…ありがたいです」と、微妙なテンション。
 鶴見さん「ホントにそう思ってるのか!(笑)」

☆キッグナス回の賢吾&流星のコスプレ芝居がすごかった→大文字・富森さんもピエロになったりヒゲを欠かれたりずいぶんいろいろやった→JK・土屋さん「僕はしばられ率ナンバーワンですよ!」
 …という流れで、“キライじゃない”等、小さなおともだちには不適切な雰囲気の方に流れかけて収拾がつかなくなってきたとき…
 天野さん「締めろ!!!」
 ドスの効いた大声で(さすがVシネマの世界!)、大迫力!
 が、ライダー部のみなさんは口々に「誰が言ったのかと思ったら、校長か」
 …存在が軽いです、校長先生…

☆自分の変身後の姿を初見ではどう思ったか(「ショケン?」と“初見”の意味がわからなかったらしき流星・吉沢さん、メテオを「こんなカッけーライダーいたか!? って!!」と、超ハイテンション!)→友子・志保さん「レオめっちゃカッコよかった!! 手も顔の形になってたりしてかわいい」→という流れから…
 吉沢さん「オレ、キャンサー好き! というか、鬼島チョー好き! 『流ちゃぁん』とか言って」
 声色まで真似て熱弁する吉沢さんをはじめ、ライダー部の皆さんに、鬼島くん大人気!
 その盛り上がりからぽつんと外れたところで(いや、そういう座り位置なんですが)、天野さん、ぽつりと。
「オレ、鬼島きらい」
 リブラ/速水先生の人気上昇は、鬼島におちょくられてから…というのはもう定説なので、客席もそのヒトコトに大喜び!(笑)
 火に油を注ぐように鶴見さん(完璧に空気読みきってます!)
「僕も鬼島好きなんだけどね」
 天野さん「そういうとこがキライなんです!!」
 鶴見さん &天野さん、絶妙なコンビネーションで沸かせてくれます!!
 MCさん「因縁でございます!」

☆本編シーン再現、ひとつめは、第43話『双・子・明・暗』から。
 台詞がある出演は、天野さん、ユウキ・清水さん、我望・鶴見さん。
立神さんもいます、とアナウンスされると、天野さん、立神・横山さんの身体に触れて、送り出すようなしぐさ。

☆再現は、教室で速水校長がユウキにNASA研修旅行申込用紙を渡すシーン。
 (以下、特に変わってた等なかったところは、『フォーゼ』本編からセリフを起こしてます)
 天野さん速水校長「理事長主催のNASA研修旅行の申込用紙だ。歌星君にも渡しておいてくれたまえ」
 ユウキ・清水さん「おおおー我望様との夢のアメリカ研修!」
 …本編でのセリフには“我望様との”なんて入ってなかったと思うのですが、確かに“我望様との”と言ってたような記憶が!
 (“我望様と女子高生で旅行って、ヤバくない!?”と、驚愕したので!! 速水先生おこっちゃう!!)
 天野さん速水校長「言っておくが、行けるのは君達のうち1人だけだぞ」
 ここで清水さん、天野さんの目の前で紙を突き出してじーっと見て、ものすごい間のとりかた。
 そうしてから急に「あー行きたい!」
 …翻弄された天野さん、なんか眉も何もハの字になっちゃってるような、ふにょんとした顔に!
 しかもそれがステージ奥の大スクリーンに映し出されたりして、会場大ウケ!

☆本編シーン再現、ふたつめは、第27話、弦ちゃんの実家で宇宙鍋を囲むシーン。
 美羽・坂田さん御欠席ということで、友子・志保さん提唱で美羽役をやることになった鶴見さん「監督は速水校長お願いします」

☆吾郎じいがここで寝てたよね、と、弦ちゃんのおじいさん役の吉沢さんが寝っ転がろうとすると、友子・志保さんが台本の紙を敷いてあげようとしたり(ほとんど役に立たないでしょう!)
 やっぱり座ることにしよう、などとライダー部の皆さんがいろいろやってるところに、天野さん監督「スタンバイ中でーす」と声を出したり!
 そういえば『仮面ライダー剣』のちょっと前、テレビ朝日が今の新社屋に移転した記念のドラマ【生放送はとまらない!】で、チーフAD役(音楽番組のですが)を演じていらしたなあと、感慨深く。

☆座りますかね…と真っ先に言い出して舞台の床に正座した鶴見さん、座り位置がちょっと違う、ということで、座った姿勢のままぴょんぴょん跳んで移動!!
(どうやったの!? と目を疑うような跳躍!)
 かわいい…というか、あれってかなり筋力がいるのでは…さすが鍛えていらっしゃる鶴見さん!!
 そんなあれこれを見て天野さん「用意…はい!」
 横山さん「カチッ!」(カチンコの音!)
 …そして鶴見さん、美羽を大熱演!

☆天野さん「ケァット!」(←カット)
 あまりにも印象的な“ケァット!”、舞台上で何人もの方が「ケァット」「ケァット」「ケァット」…

☆天野さん「いやー、理事長の美羽がすごかったですね」
 弦ちゃん・福士さん「美羽役、鶴見さんでよかったんじゃないかな」と、わけわかんないことを(笑)。

☆『MOVIE大戦』の話になる福士さん、なぜかいきなり低い渋い声を出して「MOVIE大戦、ちょうど撮影中なんですが」
 ユウキ・清水さん、その声に「速水校長に似てる!」
 他のライダー部員もそれにのっかって、低い声でやりとりしてると、鶴見さんまでその声で「ここにいる全員が出てるんですか」(笑)

☆仮面ライダーシリーズといえば、変身が見たい…と、変身シーン披露。
 流星・吉沢さん「3人いるしね!」
 JK・土屋さん「ダディバナさーん!!」
 『rebirth』が流れ、ベルトの変身前音が鳴るなか、天野さん「変身!」
 流れたのは《ラストワン》。
 JK・土屋さん「オンドゥルルラギッタンディスカーッ!!」

☆続けて天野さん、もういっかい「変身!」
 今度はしっかり《Turn Up》。
 天野さん「小夜子ーっ!!」
 【仮面ライダー剣:第15話】、心の支えだった小夜子さんを殺したピーコックアンデッドを倒すバーニングディバイドという名場面中の名場面でのセリフに、土屋さん「出たーっ!!」と、大コーフン!!
 天野さんとサムズアップを交わしている姿は、そのまま『剣』ファンの気持ちの代表!!

☆弦ちゃん・福士さんの変身は、友子からスイッチを渡されてのフォーゼファイヤーステーツまで!
 「ライダー爆熱シュートやっちゃったよ!」と得意げな福士さんに…
 天野さん「オレも《バーニングサヨコ》やったし」と得意顔。
 …すっかりオンドゥルネタ(オンドゥル的には正確には《バーニングザヨゴ》?)にくわしくなられて…(笑)
 天野さん、さらに皆さんに「知らないだろ、バーニングサヨコ」
 土屋さん「ウソダドンドコドーン!」

☆『仮面ライダー剣』2号ライダー、仮面ライダーギャレンの橘朔也さんでした! と紹介された天野さん。
 「子供、ぽかーんとしてるよ! つまんなそーうにしてる!」
 そこから「ごめんなさーい! ごめんなさーい!」がやさしい感じ!

☆最後のごあいさつの天野さん。
 客席に向かって「皆さん、愛してます」
 天野さんにしては思い切ったお言葉に、ちょっとびっくり!
 「最後のイベントにまで出させてもらえるとは思ってなくて…」
 …確かに、『特撮ニュータイプ』の中島かずきさんインタビューでは、京都編がリブラ退場のために用意された話だったと、はっきりありました。予定通りその時点の退場だったら、今日この日の御出演はなかったのでは。
 「ここまで出演できたのは、皆さんのおかげだと思ってます。
 ありがとうございました!」
 と、“レギュラー”と決められたライダー部にはない実感のこもった御挨拶!

☆カーテンコール、天野さんはピースの手を振って!


 ちょっとメモが取り切れてなかったり、記憶が自信なかったかったりする部分は、Twitter検索するとどなたかが書いてくださってるので、心強く!
 (調べ調べしながら書いてるので、ゆっくりになっちゃいますが…)
 これで、ポイント列挙だけで、やっと半分…
 レポが書けるのはいつになったら? という感じですが(ライダー部の皆さんのあれこれも面白くて、残したい!)、とにかく少しずつでも進めたいと思います!


※牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に 2012/09/13(Thu) 22:57 に書き込み
[ 2012/09/13 22:57 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

仮面ライダーフォーゼファイナル 天野浩成さん関連レポ(パーツ) 9月9日17:30回 

 まず天野さんポイントから書いたら、ちゃんとしたレポもちゃきちゃきいけそうな気がする!
 ということで、天野さんポイントを、全公演先に書きだすことにします!
 …それでも1日でちゃちゃっとできないのが情けないですが(涙)

 一日近くたってもまだ感動さめやらない、大千秋楽から…
 9日は、鶴見さんがいらしたので天野さんクローズアップ度は8日ほどではなく、そのかわり天野さん、JK土屋さんに指摘されるほどうれしそうでした!
 (横山さんや鶴見さんが、またやさしいから【笑】)


☆2日間6公演で、各種ものまね等、さまざまなパターンを展開した登場セリフ。
 大千数楽は、皆さん基本にかえって、自分の演じた役のセリフできていたのですが…
 天野さんは(も?)初回同様、「みなさん元気ですかーっ!!! 2階の皆さん、元気ですかーっ!!! 1階の皆さんも、元気ですかーっ!!! 」と、明らかに速水先生じゃないだろなハイテンション(笑)。
 「速水公平・リブラゾディアーツ役の天野浩成です!!! 今日は最後まで、最高に盛り上がっていきましょう!!!」と、力いっぱい!

☆出られない予定だったところ、最終公演のトークショーだけ急遽出演となった美羽・坂田さんは、最初から涙!
 一通り登場の御挨拶が終わったところで、客席からも「美羽ー!」の歓声で、さらに感極まり。
 そういう様子をにこにこ見ている天野さん。

☆いろいろなかたちで決着がついていきましたね、というMCさんのお言葉があると、ライダー部の方、そして立神・横山さんと天野さんの方も見てくださる我望理事長・鶴見さん。
 さびしんぼうの天野さんもさびしくならない、優しい気配り!!

☆MCさんがゾディアーツの決着といえば福士さんと天野さん…とふってくださると、天野さんのほうを見てくださる横山さんが優しい!

☆最後の激闘という、燃える場面についてのお話をふっていただいたのに…
 天野さん「ぼく、結局さいごまで、何も知らないまま…」と、ヨワヨワ声で訴える天野さん。
 「でも、理事長のために…はい」と言う天野さんに。
 「私のために身体を張ってくれるんですよ!」と、“自慢のリブラ”という感じで我望様・鶴見さん!!(大感激!!)
 でも、MCさんが「忠実な部下は、何も言葉をいただけなかったんですけど」と、本編での我望様について触れると、鶴見さん「彼は私の衛星に過ぎないので」と、けろり(笑)。
 天野さん「衛星でもうれしいですよね……そばにいられるだけで……しあわせ……」と、速水先生の一途さ、みせてもらいました!
 そんな天野さんに鶴見さん「あとでちゃんと焼肉おごろうと!」と、天野さんの扱いを心得ていらっしゃる!
 天野さん「ありがとうございます!」

☆続けて天野さん「弦ちゃんとの海のシーンは、久しぶりに熱い感じで」。
 “久しぶり”がいつ以来なのか、気になるところ。
 (『剣』ギャレン最後の、対ギラファ戦以来の可能性も!)
 鶴見さん「あのシーンは、台風だったんじゃないの?」 天野さん「ぎりぎり」
 「海が荒れててね。それがいい演出になってた」と、しっかり観てくださっていて、感動。
 天野さんのすかさずの「弦ちゃん、持ってますから!」が、オトナになった天野さんという感じで、感動倍重ね!

☆(天野さん話題に続く話題:あまりに面白かったので詳述!)
 MCさんから、友子のおまじないグッズには驚くものもあったが、こわくなかったかとの質問。
 友子・志保さん「虫とか爬虫類とか平気なんで」。
 ユウキ・清水さんも、志保さんについて「現場にカエルがいたとき、かわいいーって言ってた」と証言。
 志保さん「亮くんが、ホントに虫とか大キライで。
 映画の撮影でミミズが出て、みんな紙で持とうとしてたけど、紙では無理なんで手で持ったら、みんなキャア! とか言ってて。
 男の子も、キャア! とか」
 (天野さんも『HERO VISION』Vol.21(2006年1月23日)のアンケートに“好きな季節:冬 理由:虫がいないから”などと答えていらしたことを思いだし…)
 志保さん「特に亮くんは、近づけただけで『ホントにやめろ。ホントにやめろ』って」
 流星・吉沢さん「虫はやでしょう」と、虫取り好き男子とは相容れないかたくなな態度(『ムシキング』とか流行ってた頃、どうしてたんでしょう…)。
 吉沢さん「キャンペーンで行った福岡のホテルが暑くて、窓開けてクーラーつけてたんです」
 …わけわかんないことやってる吉沢さんに、鶴見さん達も笑ってます!
 吉沢さん「お風呂入って出てきたら、セミよりちょいでかいくらいの虫が、ボウン!!って飛んでて!
 ウゥワアアアッ!!!ってなって!!」
 …吉沢さんの恐怖表現が、テンション高くておかしすぎ!(“ボウン!!”のイキオイは、“セミよりちょいでかいくらいの虫”の表現とは思えない、大砲の弾でも撃ち込まれたような激しさ!)
 「とりあえずマネージャーさんに電話して」
 …マネージャーさんって、ほんとに大変です!
 「女の人なんで、『ワタシ虫無理ィ』とか言いながら」
 “ワタシ虫無理ィ”と、かわいこぶった声色を使って大熱演の吉沢さん。
 「『ワタシ虫無理ィ』とか言いながら、サッ、ボーン!!」
 …女性のマネージャーさん(しかも虫嫌い)に虫を放してもらったという、かなりナサケナイ話をしてるのに、全くヨワヨワ感が出ず終始強気な感じなところが、天野さんと違う個性の持ち主・吉沢さん!

☆MCさん「メテオはそんなに虫に弱いんだったら、リブラぶつければよかったですね」と、無体なことを!
 皆さん感心していると、鶴見さん「リブラ、虫みたいだもんね!」
 天野さん「あれ、虫なんですよ」
 鶴見さん「あ、そうだったのか」……御存知なかったとは意外!
 天野さん「実は、カミキリムシ」と、天野さんはさすがに、リブラについてよく把握。
 鶴見さん「そっちなんだ」
 すでにステージ上では口々に「G」の声が…
 鶴見さん「ちょっとGっぽい…」
 天野さん「Gじゃないです! Gではないです! カミキリムシ…」
 G疑惑を必死に打ち消す天野さん!! 

☆(この回の変身シーンへの前振り・1)
 MCさんから、清水さんもある意味ゾディアーツ…という振り。
 すると横山さん、手をくいくいっと動かして、清水さんをゾディアーツ側に引き寄せるしぐさ!
 すると鶴見さんも、同じしぐさを!
 清水さん「MEGAMAXのときは、なでしこが自分だと思ってたから、変身願望があって。
 初めてホロスコープススイッチを手にしたとき、今から変身しちゃうんだ! と思ったら、大興奮でした」
 そこから最初にフォーゼのベルトを着けて押したのはユウキ、弦ちゃんに教えてた…との話に。
 吉沢さん「絶対、賢吾いないとき一人で変身して遊んだことあるよね!」
 清水さん「変身ポーズも決めてたぐらいだからね!」
 吉沢さん「流星、タチバナさんに教えてもらったのかな。(声色で)『腕を回して…』」
 すると鶴見さん「タチバナは、ヴァルゴだからね」と、“私のホロスコープス”のことになると黙っていない我望様。
 志保さん「あたしヴァルゴは絶対きれいな女の人だと思ってた! えっ、メガネのおじさん!?って!!」
 (友子やってた志保さんがそれを言っちゃうって、結構ヒドイ…【笑】)

☆(この回の変身シーンへの前振り・2)
 変身といえば、ゾディアーツスイッチで、鶴見さん、横山さん、天野さん…と、ゾディアーツ側に。
 うれしいものですか? と聞かれた鶴見さん。
 「そう簡単に押してはいけないと思いますから、押したい気持ちを常に我慢して、本番のときだけ気持ちをこめて押す。
 あんまりスカスカ押してるとよくない」
と、魂こもったお答え!
 横山さん「僕の場合は1個じゃなくて、楽しいですね。
 カプリコーンで『ロックンロール!!』って言えたり」
 …劇中でのあの『ロックンロール!!』は“レオさんが『ロックンロール!!』って!!”とミスマッチ感が衝撃的でしたが、横山さんには『ロックンロール!!』、めちゃめちゃ似合うんですが!
 そしてMCさん「天野さんは変身、お手のものでしたか」
 鶴見さん、拍手してくださってます!!
 天野さんが「……はい」と言ってもぞもそしてると、JK土屋さん「ダディー!」
 客席からも“ダディー!”コール!
 天野さん「ゾディアーツスイッチは、押しごたえがありました」
 JK「ぼくもダディアーツになりたかった!」

☆そして、待望の変身へ!
 鶴見さんと横山さん、天野さんを盛り上げるべく、両手を天野さんに向けてひらひらさせてくださってます!!
 MCさん「ライダーが、そろって、変身です」
 ステージ上の皆さんくちぐちに「3人!」と、天野さんの後押しを!
 これまでの回では率先して出てきたことが多かった天野さん、「フォーゼファイナルなんで、全然別番組ですけど、いいですか」と、おずおずと。
 「子どもとか、ぽかーんとしてるんですけど、たぶん…
 …あの、おじさんがんばるから、みててね」
 天野さんの“おじさんがんばるから”かわいすぎ!!
 『rebirth』が流れるなか、ギャレンのベルトの変身音が流れて「変身!」
 …でも、“Turn Up”音、なし。
 天野さん「“ターンアップ”がないんですけど……」
 鶴見さんも応援してくださってるなか、もう1回。
 「変身!」
 “Turn Up”と、キラキラーン♪音が流れ、無事完了!
 次はメテオ、という感じで流星吉沢さんのほうを指す天野さん、そんな天野さんのほうを見てくださっている横山さん。

☆メテオの変身を見ているときの天野さんは、脚をひらきぎみにして、スツールの下の方にある足かけのところに足をかけて(身長が高いので、かなり脚は曲がってる状態)、ちょこんとかわいい座りかた!
 それから、吉沢さんのアップが映し出されているステージ奥の大スクリーンを、じーっと見て。
 天野さんがそうしていると、メテオ変身の音楽がかかるや膝を叩いてリズムをとっていた横山さんも、スクリーンを一緒に見だしたのが、なんかほほえましい光景。

☆フォーゼの変身完了時の「宇宙、キターッ!」のとき、マイクを客席に向ける天野さん。
 天野さんがそうしているのをみて、横山さんも!

☆3人ライダーの変身が終わって、ひとこと。
 8年前の先輩、『仮面ライダー剣』の2号ライダー、橘朔也さん…と紹介されると。
 流星吉沢さん「タチバナさん?」
 JK土屋さん「あれはパズルを食べる人だから」
 さすが情報通!(笑)

☆素顔のライダー部員はどんな感じ? という話題のあと、鶴見さん、横山さん、天野さんの普段の素顔は? という話題に。
 鶴見さんはお二人からみてどんな方? という質問に…
 天野さん「理事長……」
 ……天野さん節!
 横山さん「大先輩です。たたずまい、撮影への姿勢、見本に」
 鶴見さん、即座に「そんなことないですよ!」と、味のある謙遜をしながら「何度か御一緒してるんですよ」。
 鶴見さん、横山さんについては「刑事の上司と部下とか」
 これまでの回で鶴見さんがおっしゃっていた、鶴見さんが横山さんを殺しちゃうという作品とは別の話かと思いきや。
 横山さん「殺されちゃうんですよ」
 鶴見さん「上司なのに部下を後ろから撃って殺すという!」
 そして天野さんについて「天野さんとは昔、Vシネマでね」
 …そのお話をしてくださるとは、大感激!
 それをうけての天野さんの、やわらかーい「はい」の声、だいすきです。
 鶴見さん「『修羅がなんとか』ってのがあったんですけど」と、【修羅がゆく10 北陸代理決戦】の話を。
 天野さん「やはり、子分で」
 (正確には、天野さんの役どころは、鶴見さん演じる組長の奥さんの弟ということで義弟ですが、組の一員だったことは間違いないので、△くらいのおこたえ)

☆天野さんと横山さんは共演シーンが多かったですが、お互いの素顔は…という質問だったのですが……。
 天野さんに質問を向けるMCさん、ここにきて急にちょっと声を小さくして「こわいと思ってる?」と、ちいさなおともだち……のなかでも“質問コーナーで手を挙げたけど、いざMCのお姉さんにマイクを向けられるとフリーズしちゃったちいさなおともだち”から質問を聞き出そうとしてるような口調に!
 (今回のイベントの天野さん、かつての天野さんとは大違いで、ものすごくオトナに…と感激していたのに……ナズェダ!!)
 横山さんまで「なに? こわい?」と、フリーズしたわが子から質問をひきだそうとする、付き添いのお父さんのような口調に…
 MCさんも、黙っちゃってる天野さんに向けて、本格的にちいさなおともだち向け口調で「こわいと思ってる?」
 ……この世界はいったい!!
 すると、いつも天野さんを盛り上げてくれる頼りになるお兄さん・JK土屋さん「横山さんは、すっごくかわいいですよ!!」
 天野さん、助け船に速攻のっかって「めちゃめちゃかわいい!」
 土屋さん「海の撮影で、天野さんと蒼ちゃんが殴り合ってるシーンで、横山さんが『ねえねえここ湧き水湧いてるんだよね』って!」
 客席からも、ステージ上の皆さんからも“かわいいー”と言われ、ちっちゃく脚を閉じて照れ照れな横山さん、ほんとかわいいです!!!

☆天野さんの素顔は…という質問。
 鶴見さん「真面目ですよね」 横山さん「真面目ですよね」 と即答。
 鶴見さん「こまやかな……ここ(額)の髪の毛1本2本を気にしてる感じ……」
 天野さん「それ、“神経質”じゃないですか!」と、つっこみ(?)。
 鶴見さん「美学のある方です」と、美しくまとめ。

☆劇中シーン再現コーナー。
 この回1つめは、第45話、学食で理事長がスープをふるまうシーン。
 出番がない天野さん「どうやら僕だけが役者の顔に戻れないみたいなので、監督に徹してもよろしいでしょうか」。
 ぜひお願いします、と皆さん位置につきはじめたところで、横山さん、天野さんに「監督誰やるの」と、監督のものまね要求(笑)。
 天野さん“そういうのはいらないの!”という感じで横山さんを軽くどついてたり。
 ……天野さんと横山さん、今回のイベントじゅう、何かにつけてボディタッチしっこで、なかよし!!

☆皆さん位置について、MCさん「天野監督、すべてをおまかせします!」
 天野さん、監督演技に入って、すごく深く響くいい声で「皆さんいいですか」
 「よーい、はいっ!」と、スタート!
 我望理事長「ほう、賢吾君の誕生日かね!
 …と、コックの帽子をかぶっている私」
 と、おそらく台本のト書きの部分まで、背の高いコック帽子を手で洗わすしぐさまで折り込んで(笑)
 ここで立神さん「失礼ですが、このような者達を相手にしなくとも。速水が動き出しました」
 我望理事長「そちらはお前に任せる。行きたまえ」
 …と、オンエアでは入っていなかったやりとりが!
 これが入っていたら、速水先生の“離反”はホロスコープス側の作戦、という雰囲気が強くなったと思われるシーン、もともとは台本にあって、カットされたのでしょうか。
 スープ味見シーンでは、流星が友子に「なにやってんの? 納豆いれちゃ、だめぇ!」と、女の子の声色!? というコミカル色強い声で……これは我望理事長に触発されて、ト書き部分を独自にセリフ化?
 我望理事長の「人間には、友達を必要としない人種もいる」というセリフのあと、劇伴音楽が流れてのしばらくの間、天野さん、カットをかけるタイミングを窺って、かがんだりと挙動不審(笑)。
 しばらくして「カット!」
 天野さんが「どこで止めるか迷いますね」と言うと、鶴見さん「迷うね」と、やさしい!
 どうでしたか、と問われた天野監督「すばらしい!」そして客席に「皆さんどうでした?」と拍手を誘い!
 鶴見さんは「字が小さくて台本が読めませんでした!(笑)」

☆再現シーンのもうひとつについて、天野さん「これいっちゃいますか」。
 JK土屋さん「説明なしにいったほうがいいですよね」
 天野さん「説明なしにいったほうがいいんじゃないですか」
 …イベントを通じ、土屋さんと天野さん、ナイスコンビ!
 話数も何もなしに…ということになったとき、天野さん「そのままいっちゃって、スタッフさん大丈夫ですか?」と、確認を怠りなく(まじめ!)。
 監督をどなたか…というとき、天野さん「お客さんスタートで」。
 「用意……スタート! でいいですか」と段取りを説明してから「カットはぼくがかけちゃいますんで。わかんないと思うんで」
 天野さん「用意」 客席「スタート!」ではじまったのは、最終回、賢吾の手紙をユウキが読み上げるシーン。
 生で、イベントの中で仲のいいところをたくさん見せてくださったライダー部の皆さんが熱演されているところは、TVで観たときの何倍も胸に迫り!
 弦ちゃんの「わかったよ、賢吾。お前の言葉……胸に染みたぜ」というセリフで終わり、劇伴音楽が流れるなか。
 上手端で観ていた“監督”天野さん、拍手。
 その拍手は、会場全体に広がり。
 ひとしきり拍手を聞いてから、天野さん、ちいさな声で「カット」。
 鶴見さん「カットかけづらかったんだよね!」 天野さん「カットかけづらかったんですよ」
 以心伝心!
 横山さんは、天野さんに“よくやった!”という感じで、手を伸ばして優しく触れてくださり。

☆最後の御挨拶は、立神横山さんの“立神吼”を表現しつくしたラップ熱演に続いて。
 まずは静かに「楽しかったですか」。
 そして「もう今日、幕が閉まったら、ぼくのフォーゼの時間は終わりますけど、この作品に参加できて、仮面ライダーに戻って来れてよかったと思ってます。
 またいつかみんなとは、違うところで一緒に仕事したいし……
 いつまでも仲良くいてください。
 僕もすごい、その頃のメンバーと仲がいいんで」
 ……このファイナルの前日も、椿さんのツイッターのアカウントを使って“ファイナルがんばる!”のメッセージをツイートされていた天野さんのお言葉、説得力ありすぎ!!
 「今のみんなも、たぶんそうなってくれるんだろうなと思います」と、ライダー部の皆さんに向けて。
 「ほんとこの1年が、これからの仕事も、すごい元気になると思うんで
 とおっしゃってから「……元気じゃないか」と、自己ツッコミする天野さん(笑)。
 「フォーゼに参加できて、素敵なキャスト、スタッフ、応援してくださるたくさんの皆さんと会えてよかったです。ありがとうございました!」
 天野さんだからこその、あたたかい、“ライダー”のつながりを感じさせてくれるごあいさつ、とてもとても胸に響きました!

☆そして、天野さんの言葉は、ライダーが大好きで、『剣』のオンドゥルネタにいたるまでのセリフをいっぱい知っていて、“先輩ライダー”天野さんをいつもいつも盛り上げてくださっていたJK・土屋さん(きっと天野さん達がずっと仲良しなのは、御存知のはず!)に、すごく響いたのでは(精一杯元気にしようとしつつの、土屋さんの涙、きれいでした!)。

☆大文字・冨森さんからの御挨拶の最後、大文字からの「みなさん、一年間ありがとう」の“キラーン☆”は、“キラーン☆♪”の効果音が遅れ!
 鶴見さんは、音響さんのほうを“こらこら!”という感じで指さし!
 天野さんは椅子をくるくるしてウケてました(笑)。
 もう一度「ほんとにラスト」とやった“キラーン☆♪”は、ばっちりでした!

☆今日は来られないはずだったところ、大千秋楽だけは間に合った美羽・坂田さん。
 涙涙のごあいさつ、天野さんはじーっと、坂田さんの涙を映し出す舞台奥のモニターをみつめ。

☆吉沢さんの御挨拶で「フォーゼという作品に入ったとき、この場で泣くなんて全く思ってなくて」というところで、スクリーンに大文字冨森さんの涙のアップが映し出され、お客さん、思わず笑い!
 (なぜ笑いが! というところですが、そこが大文字先輩のいいキャラ【笑】)
 ステージ上の皆さんのなかでは一番スクリーンを熱心に観てた天野さん、そこでもすかさず笑ってました!

☆ユウキ・清水さん、名前を呼ばれてまた涙が出てきてしまってのごあいさつ。
 「まずは足を運んでくださってありがとうございます」という清水さん「ちびっこたちもね、だいじょうぶ? おしりに汗かいてない?」と、なごませてくれるおことば!
 天野さん、しっかりウケてました!

☆幕がおりるとき。
 天野さんは2階席に向かってピースサインをしたり、両手ピースサインを振ったり、サムズアップした両手を振ったり。

☆一度幕が閉じてから、また開いて!
 客席も含めて、みんなで手をつないで“宇宙キターッ!”をすることに。
 最初は、ステージ上の皆さん(というか、自分が見てたのは横山さんと天野さん)は最初肩を組んでて、それから手をつなぎ。
 ……横山さんと天野さん、ちょっと手をからませるような感じで(?)、“……カップル?”という雰囲気でつないでたように見えたのですが……!


 ……天野さんポイントのみさらっと、昨日のうちにUPしたかったのですが、リブラG疑惑に連なる吉沢さんのムシ怖トークがあまりに面白かったので(天野さんとは全く違った方向で“あのキレイな顔の人の中身がコレ…?”感がチョーイイネ!)、思い切り詳述…。
(いや、でも、それを書かないと“メテオにリブラをぶつけるべし”の意味がわかんないので!!)
 最後のライダー部の皆さんの御挨拶等も入れて、ぜひ全体の流れがわかるレポにして残したいです!!



※牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に 2012/09/09(Sun) 02:14 に書き込み
[ 2012/09/11 02:14 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

仮面ライダーフォーゼファイナル 天野浩成さん関連レポ(パーツ) 9月8日11:00回 

 ちゃんとしたレポが描きたくてしかたないですが、明日もあるので、メモをさらっと見た限りの天野さん的ポイント!
 (メモをよく見て思い出したり、ほかの方のレポを見たりしたら、訂正あるかもです…)

 トークは回ごとに大きく内容が変わっていますし、DVDにはごく一部しか入らないのでネタバレにはならないと思いますが、気になる方は避けてください!


☆初回ということで、ライダー部キャストさんそれぞれ自分の役のセリフを言いながら登場。
 でも天野さんは「みなさん元気ですかー!! 2階の人達、元気ですかー!!」と、明らかに速水先生じゃないだろなハイテンションですばらしく声を張って、明るく登場!
 「今日は楽しんでいきましょう!」と、大文字先輩の“キラーン☆”の動作をすると、音声さんがちゃんと“キラーン☆♪”の効果音!

☆最終回の話で、ユウキ清水さんが「こういうときみんな『長いようで短かった』って言うよね。こういうの『長短い』とか言わない?」というような話をして、友子志保さんに「みんなぽかーんとしてるよ」と突っ込まれるような状態に…
 MCさんが大文字冨森さんに助けを求め、やっぱり「長短いよね」などと(笑)。
 MCさん「校長先生助けてください!」
 天野さん、最終回の話は自分に関係ないと油断してたのか「…はい」と、はかばかしくないおへんじ!
 JK土屋さん「ダディ!」
 天野さん「最終回出てない…ダディって言うな!」
 (…フォーゼ的には土屋さんの「海蔵って言うな!」なのでしょうが、『義経と弁慶』でイベントでの天野さんの面白さを引き出してくださった林剛史さんのデカブルーの「相棒って言うな!」も思い出し!)

☆続けて天野さん「僕も最終回出たかったですね」と、さびしそう…。
 ステージ上も、会場全体も、『ああ…』と沈みがち。
 「ほんとに、ねえ…あ、しーんとした」と、会場が静かになることを異常に気にするのが常の天野さん!

☆ステージ上の皆さん、「(校長は)裏切っちゃったもんね」と口々に。
 するとすかさず、JK土屋さん「ホントニウラギッタンデスカ!!」
 (会場の拍手喝采から、このネタの浸透度が丸わかり!!!)
 天野さん「オンドゥルルラギッタよ」
 …土屋さん、がんばってオンドゥル語をしゃべろうとしてましたが、ネイティブにはかないません(笑)。
 そして天野さんの“オンドゥルルラギッタ”発音は、初公開?

☆大文字先輩の“キラーン☆♪”の浸透具合…という話題になって、JK土屋さん「このあいだのイベントでみんなでやって楽しかった」と、天野さんが出ていないイベント(=守峰が観ていないイベント)の話題を。
 「やんない?」という話になると天野さん「ちょっと待て! …オレ、知らねーよ」。

☆説明を…ということで、説明といえばな賢吾高橋さん。
 「大文字隼くんの“キラーン☆♪”をみんなでやろうという会です」と、理路整然と(?)説明。
 みなさん「校長先生、これ、ほんと楽しいですから!」と強力PUSH!
 そのままの並び順で、いちばん上手に座っていた天野さんと、その隣の冨森さんだけが入れ替わって、下手から順次“キラーン☆♪”“キラーン☆♪”“キラーン☆♪”…
 天野さんも「たのしい!」
 ユウキ「これだけで3時間くらいできちゃうよね!」

☆印象的なエピソード、の話題で美羽坂田さんがプロム回を挙げ、寒かったとか、ストーブでお餅焼いてたとか盛り上がってると…
 JK土屋さん「ちょっと待って、校長、すげえさびしそう!」
 …土屋さん、いいひとです!!(ずーっと天野さんをかまってくれてました!!)

☆「オレ、最終回もプロムもいないから…」と、いじけ気味の天野さん…
 すいません、すいません、となるライダー部の皆さんに「楽しくてよかったな、って。おモチ焼いたりしたんでしょ?」と、まだいじけ気味(笑)。
 すると、5月3日のイベントでは、天野さんがぽつんと立っているようなときに隣に寄り添って立ってくれたいたりした、JK土屋さんの次に天野さんにやさしい(?)、賢吾高橋さんが「校長先生のよかった回は?」と話題を回してくださり。
 賢吾高橋さん(座り位置は中央の弦ちゃん福士さんより上手側)「オレの好きなのは、弦ちゃんと校長先生が…」と、中央やMCさんの方を向いて話していると、下手側に座ってる友子志保さんが「ちょっと、校長先生の顔見て!」
 …それから賢吾高橋さん「弦ちゃんと」で中央側を見、「校長先生が」で、天野さんのいる下手側を見…
 …さびしんぼう天野さん、かまってもらいまくり!

☆高橋さんの好きなシーンは、弦ちゃんと速水先生の海での格闘シーン。
 ステージ上の皆さんも「ああ、いい!」「寒そうだけど熱い」と賛同モード。
 すると天野さん「うれしいね。弦ちゃん、うれしいね」 弦ちゃん福士さん「うれしいね」
 …なんかかわいい。

☆海の中のアクションですが…
 天野さん「弦ちゃん一回流されたよね!」と、さらっとおそろしいことを!
 弦ちゃん福士さん「オレが流されて、校長先生『あ、弦ちゃん、どこ?』」
 …福士さん、ものまね、かなり得意技みたいです!!(天野さんぽい!)

☆ちなみに、そのときJK土屋さんは、立神横山さんと川を掘って遊んでたとのこと。
 ライダー部が遊んでたところに混ざったわけではなく、先にやっていたとか!
 「ほら、湧水が!」とかいう横山さん、女子達にも「かわいい」を言われてました。
 …立神さんと速水先生のあのコンビ感の秘密が、ちょっとわかったような気がします…

☆『MOVIE大戦』、ただいま絶賛撮影中との話題に。
 ユウキ清水さんがちょっとさびしそう、設定が…と、言ってはいけないネタバレに踏み込みそうな雲行きになってきたとき…
 天野さん「めっちゃ面白いです! これが、めっちゃ面白いです!」
 大ウケ!
 小さなおともだちからも良いリアクションがあったらしく、天野さん「君、いい子だねー!」
 そのあと「お子さんの声を拾うとはさすが」と、MCさんをはじめ、みなさんにほめていただく天野さん。

☆そこから、校長先生の話題に。
 MCさんの「途中から悪い顔も見えてきましたね」という振りに「はじめは、ほんとはもうちょっと爽やかなはずだったのに…だんだんへたれというか…どうしようもないなっていう…
 だいたいオレはいつもそうなんだなっていう…」
 会場の拍手喝采は一体(笑)
 『フォーゼ』とこのファイナルの間に『ぼくの夏休み』がはさまってるので、説得力ありまくり!
 天野さん「まあ、でも、それでがんばろうと」

☆そんな天野さんに、流星吉沢さん「でも、最後かっこよかったじゃないですか」とフォロー。
 (基本、マイペース暴走系の吉沢さんにフォローしていただけるとは、ほんとに皆さんにかまってもらえる天野さん!)
 天野さん「ホントにそう思ってる? 面白いと思ってるだろ?」
 流星吉沢さん「思ってない思ってない」←言い方がかなりタメっぽくて、天野さんなじんでるなあ、と(笑) 天野さん「ホントに? 自分がやりたい?」
 流星吉沢さん「…(間)……ああ…」←すごーく微妙な“ああ”(笑)

☆そういうときのフォロー(?)はやっぱりJK土屋さん!
 「ゾディアーツの姿まま散っていったのって、天野さんだけなんですよ」
 と、ライダーファンらしい評価のしかた。
 でも天野さん「…まあ、ふわぁああって、でてきたけどね、オレ!」
 「ほんとに、びっくりした」という天野さん。
 「びっくりしたよね? みんな、びっくりしたでしょ?」と、同意を求めまくり。
 でも「裏切ってたから最終的に…」と、(流星吉沢さんに?)ストーリーの話をされて、天野さん「そこ?」
 でも、皆さんがくちぐちにおっしゃって、ふわぁああっと出てきたところの話、と、話を戻し。
 弦ちゃん福士さん「アフレコのとき、ちょっと笑っちゃった」
 天野さん「やっぱ面白いんじゃん!」
 弦ちゃん福士さん「まだ加工が入ってなくて、そのまま“ドン”と出て…」
 天野さん、それ以上は追及せず「花火みたいだったね!」

☆そんな風に笑いをとっていた天野さんですが、MCさんに「イヤな敵だと、ヒーローが立つんですよ」と、究極のフォローを入れていただくと。
 「ぼく、前ヒーローしたことあったんで、わるもののひとがすごいちゃんとやってくれたんで、自分たちもできたんだなって…
 今回はそういう風にやろうって、入ったとき決めてて…」
 と、雑誌インタビューでも語っていらしたお気持ちを、ちょっとだけ可愛い言葉で、大人っぽく。
 拍手でした!

☆最後に、天野さんも参加しての、劇中シーン再現。
 まずは20話。
 「我望さんといえば福士くんだね」と、皆さんそれが常識といわんばかりに。
 天野さん「我望さんといえば、福士くんだから!」と、ダメ押しの強調(笑)

☆天野さん「これ、皆さん観るの、初めてですか?」
 と、完全にイベントリピーターさん前提の、客席への質問(笑)。
 「観たことあるひと、います?」と聞いて、挙手がないと「今日来てよかった!」と、おトク感をあおりまくり(笑)
 でも、その後のライダー部さんの皆さんの話では、大阪ではお芝居をちょっとやった模様です。

☆演じられたのは、第20話、ドラゴンが敗れ、我望理事長が校長室のソファに座ってお怒りのシーンから。
 本編では我望理事長がソファに座り、速水校長がその背後に立ってましたが、この再現では速水校長がソファに座り、その背後に我望理事長というポジション。
 そのために、天野さんが福士さんの前に立つと、福士さんいきなり天野さんを押しのけ
「オレにかぶるな!!」
と、『特命戦隊ゴーバスターズ』で松本寛也さんがやってるネタを!!
(エイベックスで一緒だった松本さんの現在の…と思うと、より感慨深く!!)
 天野さん、よわよわ~と「すいません…」

☆監督役のJK土屋さんのキューで…
 福士さん「野本仁も病院送りか。二度と最輝星は輝きそうにないな」
 …と、あのシーンでのお怒りの我望理事長の口調で!
 (福士さん、やっぱりものまねが十八番!)
 福士さん「次のコマはあるのかね」
 天野さん「無論です」
 …天野さん速水先生が神妙なのが、たまらなくおかしく!!
 そのあとのラビットハッチのシーンは、本編そのまま再現だったので、理事長と速水先生のシーンだけが、目立っておかしく(笑)。

☆次はライダー部からのリクエストということで、プロムのシーン。
 天野さん、立って、やや挙動不審。
 台本に目を落として比べたり。
 椅子にのっかって、くるっと回したり、なんかかわいい天野さん。

☆終わるとMCさん「天野さん、プロム感じていただけましたか!」
 天野さん「感じましたね~」

☆ライダーの方は変身を生で見せて、というところで…
 天野さんも「しちゃいましょうか!」
 MCさん「橘朔也さん!」と、キャラチェンジ宣言!
 天野さん「二人がやる前に僕がやらないわけにいかないでしょう」
 天野さんが構えると、なつかしい『剣』のベルトのターンアップの前のぎゅんぎゅん音が。
 きれいな動作での「変身!」の後“ターンアップ”!!
 テンション上がり切ったJK土屋さん「天野さん!! オンドゥルルラギッタンデスカー!!」
 天野さん「剣崎」と返したりと、土屋さんといいコンビ。

☆その後、メテオ→フォーゼの順に変身ポーズ。
 やったあと、ほかの皆さんの「ホーゥ!」に交じってハイテンションで「ホーゥ!」と声を発していて友子志保さんに「自分で“ホーゥ!”って…」と厳しく突っ込まれていた流星吉沢さんにも、天野さん「かっこいい」と称賛。
 弦ちゃんの変身ポーズをじーっと観てる天野さんもかわいく。
 弦ちゃんの変身が終わると、天野さん「かーっこいい!」

☆お話をうかがいましょう! というMCさんに「天野さん!」と振られるや「ぼくには触れないでください」と天野さん。
 「二人、ちょーかっこいいですね! やっぱり! 現役って感じがしますね!」
 でも、拍手喝采でした!

☆最後のごあいさつ。
 「中野サンプラザ、ぼくも8年くらい前に来たんですが、そこで号泣しました」
 と、センター付近をさす、3回あるうちの1回目、まだ誰も泣いてないときからしゃがみこんで泣いてた天野さん。
 「誰もまだ泣いてないんで、そのうち泣くんじゃないかなと…早く、誰か泣かないかなと…」
 「今日3回あって…明日何回あるんでしたっけ…」と、明日のこともおぼろな天野さん(笑)。
 「最後まで全力で皆さんと一緒に盛り上がりたいと思います。ほんとに今日はありがとうございました!」と、さわやかに!

☆最後にみんなで“宇宙キターッ!”をやろうというとき。
 弦ちゃん福士さん(このときすでに涙涙)が「宇宙、校長も行こう」と口にすると…
 JK土屋さん「あの人、宇宙で爆発してるからね」(笑)

☆幕が下りていくときのお手振り。
 天野さん、サムズアップの両手を振ってました!


 …ポイントだけ各回さらさらっと列挙するつもりだったのに、書きだすと記憶があふれてきて、思い切り書いてしまい…。
 あと2回分やってると朝までコースなので、とりあえずここまで。

 天野さんポイントだけ抜くとわかりにくいですが、1時間弱のトーク時間中、天野さんがからんでる割合、すごく高いです!!
 ちゃんと流れがわかるよう、レポにもしたいです!


※牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に 2012/09/09(Sun) 02:14 に書き込み
[ 2012/09/09 02:14 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

INDIGO 4『キャンパスナイトフジ』出演レポ(速報版) 

INDIGO 4『キャンパスナイトフジ』出演レポ(速報版)

2010年2月28日(日)25:20~27:20 フジテレビ『キャンパスナイトフジ』
(登場は25:58頃)

【出演】
INDIGO 4(高木万平 高木心平 真山明大 天野浩成)、水口昌彦[ポニーキャニオン]

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
2010/03/06(Sat) 09:14 守峰書き込み

【INDIGO 4】
高木万平 高木心平 真山明大 天野浩成
『ココロ-Dear my friends-』
CX系ドラマ「インディゴの夜」エンディング・テーマ
[ 2010/03/06 15:54 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

INDIGO 4『ココロ -Dear my friends-』発売記念握手会レポ 14:30の回(速報版) 

INDIGO 4『ココロ -Dear my friends-』発売記念握手会レポ 14:30の回(速報版)

【日時】
2010年2月28日(日)14:30~
(13:00~、14:30~と2回あったうちの2回目)
【会場】
ポニーキャニオン1F イベントスペース
【出演】
INDIGO 4(高木万平 高木心平 真山明大 天野浩成)

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
2010/03/03(Wed) 21:35 守峰書き込み(その1)
2010/03/06(Sat) 09:53 守峰書き込み(その2・完結)


【INDIGO 4】
高木万平 高木心平 真山明大 天野浩成
『ココロ-Dear my friends-』
CX系ドラマ「インディゴの夜」エンディング・テーマ

【ドラマ『インディゴの夜』主な出演者】
森口瑤子  六角精児  加藤和樹
和田正人  天野浩成  深水元基  加治将樹  森カンナ
玉有洋一郎  高木万平  高木心平  真山明大  田中幸太朗
徳山秀典  我修院達也  升毅   ほか
[ 2010/03/06 15:43 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『ココロ -Dear my friends-』発売記念握手会レポ 13:00の回(速報版) 

『ココロ -Dear my friends-』発売記念握手会レポ 13:00の回(速報版)

【日時】
2010年2月28日(日)13:00~
(13:00~、14:30~と2回あったうちの1回目)
【会場】
ポニーキャニオン1F イベントスペース
【出演】
INDIGO 4(高木万平 高木心平 真山明大 天野浩成)

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
2010/02/28(Sun) 22:17 守峰書き込み(その1)
2010/02/28(Sun) 23:08 守峰書き込み(その2)
2010/03/01(Mon) 03:20 守峰書き込み(その3・完結)

[ 2010/03/01 18:31 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

ROUTE30第2回公演『ひなかの金魚』感想 

ROUTE30第2回公演『ひなかの金魚』感想

【日時】
2008年6月14日(土)14:00~
【劇場】
笹塚ファクトリー
【出演】
与座重理久 高樹マリア 清水ゆみ 吉田友一
福永ちな 松本さゆき 田中いちえ 松本永倫子
伊庭拓哉 屋良学 渡辺慎一郎 谷川功 入月美樹 遠山雄

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
2008/06/17(Tue) 00:25 守峰書き込み

[ 2008/06/17 00:30 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

舞台『スイッチを押すとき2007』DVD発売記念イベント(18:00~の回)レポ 

舞台『スイッチを押すとき2007』DVD発売記念イベント(第3回 18:00~の回)レポ

【日時】
2008年5月3日(土)18:00~
【会場】
石丸電気2号館 7階イベントスペース
【出演】
永山たかし 肘井美佳 桐山漣 吉田友一
神崎詩織 岡本貴也
※イベントのトークではMITSUさん、柳下大さんの話題も

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
2008/05/10(Sat) 00:14 守峰書き込み(レポ前半)
2008/05/10(Sat) 00:13 守峰書き込み(レポ後半)

[ 2008/05/10 00:56 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『trash words』舞台挨拶つき上映《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2007》 レポ 

■ 牧歌的天野浩成さん情報更新 ■

【牧歌的天野浩成さん情報:TOP】:更新情報

【天野浩成さん共演者様作品見聞録:TOP】:更新情報
【『trash words』舞台挨拶つき上映《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2007》】:(天野さん共演者様では)北条隆博さん出演

[ 2007/12/09 03:40 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

au版【鏡リュウジ恋占術】に11/11開催イベントレポ 

■ 牧歌的天野浩成さん情報更新 ■

【牧歌的天野浩成さん情報:TOP】:11/11イベント公式レポ情報

11/11“鏡リュウジが占うオトコのキモチ” au版【鏡リュウジ恋占術】にレポ
★11月11日(日)のイベント“鏡リュウジが占うオトコのキモチ”のレポ、【鏡リュウジ恋占術】(au版のみ)に11/15UP。写真はもちろん、コーナーのために二人が書いたシチュエーションメールの全文も掲載。★
★【鏡リュウジ恋占術】(有料、au版のみ)では、期間限定で、天野浩成さん&相葉弘樹さんとの相性を占えるサービス提供。
【KDDIデザイニングスタジオ:BLOG K子-2007年11月11日_Kスタに鏡リュウジさん、天野 浩成さん、相葉 弘樹さんがやってきた!】にも写真入りで簡単なレポ。
★当日会場で整理券と一緒に配布された(“INFOBAR 2”の黒い袋の中)“Ryuji Card”に書いてある通りに【鏡リュウジ恋占術】にアクセス、“RyujiCardをお持ちのお客様へ≫”をクリックしてSecret Codeを入力すると、鏡先生、天野さん、相葉さんからのイベントを終えてのメッセージがみられます(auに限らず、登録会員のみ?)。
【au one占い:スペシャル占い-★鏡リュウジ★】には、イベントに先駆けて鏡リュウジさんが天野さんの“あなたの使命”を鑑定した結果掲載。
★当【牧歌的天野浩成さん情報】でもイベントレポを【ゲストブック】に掲載中。

[ 2007/11/18 20:52 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『三文オペラ』(演出:白井晃)感想  

『三文オペラ』(演出:白井晃)感想

【出演】
吉田栄作 篠原ともえ 大谷亮介 銀粉蝶
佐藤正宏 猫背椿 ROLLY
六角慎司 細見大輔 内田紳一郎 富岡晃一郎
櫻井章喜 田島俊弥 杉崎真宏 大林洋平
篠原功生 鈴木良一 金世一 岡寛恵
中澤聖子 もたい陽子 冨岡真理央 

【劇場】
世田谷パブリックシアター

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】 2007/10/14(Sun) 23:30 守峰書き込み

[ 2007/10/14 23:30 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

*pnish* vol.9 『シークレットボックス』感想 

*pnish* vol.9 『シークレットボックス』感想

【出演】
*pnish*(鷲尾昇/森山栄治/佐野大樹/土屋裕一)
湯澤幸一郎吉田友一・新田将司/三上真史・辻本祐樹・加藤学/
加古臨王・長谷川哲郎・別紙慶一/小松聡二郎・牧田雄一/
木村靖司

【劇場】
東京芸術劇場 中ホール

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】 2007/09/17(Mon) 20:09 守峰書き込み

[ 2007/09/18 02:22 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 『trash words』etc.舞台挨拶 

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2007 短編部門3
舞台挨拶つき上映《『trash words』上映あり》
(天野浩成さん共演者様:北条隆博さん)

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】 2007/08/21(Tue) 02:19 守峰書き込み

【舞台挨拶御登場】
『ゆうしのたなか』高岡ヒロオ監督
『サイコロコロリン』ふるいちやすし監督
『レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版』鈴木専監督
『trash words』佐藤克則監督 吉野紗香さん 北条隆博さん

[ 2007/08/21 02:34 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『メモリーズ2』感想 

『メモリーズ2』感想

【出演】
北村悠(FLAME) 累央 入山学(カンカラ) 笠原秀幸
吉田友一 三上真史 林修司 加藤良輔(Jack Jack)
田畑亜弥 大貫杏里 楠城華子 仲村瑠璃亜
花柳創右 水谷あつし

【劇場】
新宿 シアターサンモール

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】  2007/08/12(Sun) 03:09 守峰書き込み

[ 2007/08/12 03:20 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

椿隆之さん単独イベント『感謝&椿奇抜祭』レポ 

椿隆之さん単独イベント『感謝&椿奇抜祭』レポ

【日時】
2007年7月8日(日) 12:00~OPEN 13:00~START
【会場】
SHIBUYA PLUG
【出演】
椿隆之

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】
その1:2007/07/08(Sun) 18:29 守峰書き込み
その2:2007/07/08(Sun) 18:29 守峰書き込み
その3:2007/07/08(Sun) 18:29 守峰書き込み
その4:2007/07/08(Sun) 18:29 守峰書き込み

[ 2007/07/09 00:30 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

研修医魂 舞台&DVD発売記念イベントレポ 

■ 牧歌的天野浩成さん情報更新 ■

【牧歌的天野浩成さん情報:TOP】:更新情報

【天野浩成さん共演者様作品見聞録:TOP】:更新情報
【ロックミュージカル『研修医魂』】:(天野さん共演者様では)森本亮治さん、與真司郎さん、河合龍之介さん、肘井美佳さん、制野峻右さん、黒田アーサーさん御出演
(レポ中の話題には津田寛治さん、阿井莉沙さんも)
【『研修医魂』DVD発売記念イベント】:森本亮治さん、與真司郎さん、北村栄基さん御出演

[ 2007/07/07 23:59 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『研修医魂』DVD発売記念イベント(mu-mo分 10:30~の回)レポ 

『研修医魂』DVD発売記念イベント(mu-mo分 10:30~の回)レポ

【日時】
2007年6月10日(日)10:30~
【会場】
デジタルハリウッド 東京本校
【出演】
與真司郎(AAA) 森本亮治
スペシャルゲスト:北村栄基
※トーク中、河合龍之介さん、宇野実彩子さん(AAA)の話題も

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】 2007/063/11(Mon) 00:03 守峰書き込み

[ 2007/06/11 00:27 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

『bambino 2』感想 

『bambino 2』感想

【出演の天野浩成さん共演者様】
三浦涼介さん、森本亮治さん、伊藤陽佑さん、水谷あつしさん、加藤和樹さん
【劇場】
東京芸術劇場 中ホール

【牧歌的天野浩成さん情報:ゲストブック】  2007/05/27(Sun) 02:51 守峰書き込み
[ 2007/05/27 03:01 ] レポ | トラックバック(-) | コメント(-)
月別アーカイブ
プロフィール

守峰 優

Author:守峰 優



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。