牧歌的天野浩成さん情報の記録

『インディゴの夜』、劇団EXILE、サウンドノベル『428』出演の俳優・天野浩成さんファンサイト【牧歌的天野浩成さん情報】更新記録&各種備忘録。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

思い出の天野さんコンテンツ@avexnet mobile 吉田友一さんとの対談 

★思い出の天野さんコンテンツ@avexnet mobile 吉田友一さんとの対談★

 【LDH mobile】で実施中(6月10日~6月30日)の【LDH mobileに関するアンケート】回答の参考にしようと、なつかしの【avexnet mobile】での天野さん携帯サイトでのコンテンツを振り返ってみようかと!

 いろいろあるので、いっぺんには振り返れない感じがしてきたので、ちょっとずつ……

 というわけで、今回は、2005年5月頃、同じくエイベックス(当時は“アクシヴ”)所属、『特捜戦隊デカレンジャー』姶良鉄幹/デカブレイク役を演じていらした吉田友一さんの携帯サイトが開設された記念に行われた、天野さんと吉田友一さんとの対談。

 当時はスマートフォンなどなく、携帯サイトは文字が中心で、その文字もカタカナは半角にしてパケット数を節約するのが普通という時代。
 携帯の画面も小さく、1ページのサイズも小さく抑えるべき、という作りでした。
 そのため、上記対談も、それほど文字数の多くないテキストでしたが、貴重な情報いろいろ!


☆第1弾「想いでの初対面~」

 天野さんと吉田さんの初対面は『仮面ライダー剣』のオーディション。
 偶然、天野さんと吉田さんが2人でパートナーを組んでオーディションを受け、簡単な掛け合いをやったのが初めての接触。
 そのときの天野さんの吉田さんの印象は「おかしな子だな・・・と。」
 (天野さんに言われるというのは、かなりです!!)
 芝居のかけあいで、天野さんが吉田さんから携帯電話を奪ってセリフを言うという場面だったけれど、吉田さんが「やだ! 見せたくない!!」と言いながら、オーディション会場の外に出て行ってしまい、天野さん「えっ? 続けられないじゃん…」
 “それで変わった人だなって思った(笑)”という天野さん。
 その印象は、インタビュー当時も変わらないとのこと。
  ↑
 吉田友一さんが『剣』も受けていらしたということ自体、貴重情報!
 ライダーのオーディションではどういうことをするのか、という一端も垣間見られて、面白いです。

 さらに、天野さんから「ヨッシーは、いつも何か言った後に、僕を見て「すみません」って謝るよね」と、吉田さんの超後輩っぷりの話題。
 例示として、舞台挨拶のときのこと。
「挨拶で「間違えたー。ハハハハー」って自分で盛り上がってて、お客さんに謝るのかと思ったら、10メートル位離れてる僕を見て、マイクを通して「すみません」って・・・。」
 それに対する吉田さんの返し「嫌われたくないって思っちゃうんですよ。(笑)せっかく天野さんが盛り上げたのに、その後の挨拶で僕が取り乱しちゃった気がして・・・。」がスゴイです。
 ↑
“せっかく天野さんが盛り上げてくださって”的な思考は、【2005年1月23日午後_DVD『義経と弁慶』製作記念 出演者トーク&握手会】のときにも、ありましたありました!
 天野さんが『デカレンジャー』チームのテンションに合わせようとがんばったけど、意味不明でうまくいかず……というとき。
 林剛史さんに「じゃあ、ファンのみんなに“こんにちはーっ!”ってやってみて」と言われて、素直に「思いっきりテンションを上げて「みーんなーっ!! こーんにーちわーっ!!!」と、ヒーローショー風に声を張り、林さんに「すばらしい! デカパープル!」とほめてもらったた天野さん。
 それを受け「僕は何も言うことはありません。天野さんがこういうこと言ってくれたんで、事務所の後輩としてはほんとありがとうございます」と、意味不明にありがたがり「これからもよろしくお願いします」と、舞台上で天野さんに挨拶する吉田さん……(笑)
 今は、イベント最初の挨拶でよく元気いっぱい「こんにちわーっ!!」と声を張ったりする天野さんですが、そのへん、『義経と弁慶』イベントで林さんに仕込んでいただいてたなあとなつかしく。
 その林さん、【JUNYA オフィシャル ブログ 「このマカロニ野郎!!!」:2013年4月10日_あまやんの誕生日。】をみると、天野さんの今年のお誕生日を一緒にお祝いしてくださったりと、今も仲良しでうれしく。
 “デカパープル”と言っていただいてましたが、『デカレンジャー』の塚田Pの作品『仮面ライダーフォーゼ』に天野さんが出演されたことを思うと、さらに感慨深く!

 吉田さんから見た天野さんの印象は「神秘的な人だな~と思いました。「月の満ち欠けで体調が変わる」みたいなことを言ってたので・・・。」
 ↑
 仮面ライダー剣写真集『CATEGORY A』の天野さんインタビューの「実を言うとオーディションのとき、僕、体調が最悪だったんですよ。理由は満月だったから」「オーディションでその話をしていたら、そうとう怪しいヤツだと思われたみたいで……」の、オーディションでの天野さんについてと思われる吉田さんの話。
 吉田さんに「神秘的な人」と言っていただいた(先輩をたてまくる吉田さん!!)その天野さんの言葉が、プロデューサーからの「あんまり印象的だったから、君の名前を朔也にしたよ」と“橘朔也”の名前につながったことを思うと、なんか胸がいっぱいになります。

 京都での撮影で天野さんに食事に誘っていただいたり、お酒を酌みかわしたりして色々な話もするようになったので、神秘的な部分は薄らいだかも……という吉田さん。
「お酒の場では、いつも『これからも2人で盛り上げていこうよ』って終わるんですよね」
というお話からは、【2005年1月30日午前_DVD『義経と弁慶』製作記念 出演者トーク&握手会】のラストで、肩を組んでなぜか「アクシグです」と事務所の名前をアピール(?)していた吉田さんと天野さんの姿が思い浮かびます。

 対談の第1弾は吉田さんの
「僕のことを『ヨッシー』と呼んでくれて、素直に嬉しいです。
 天野さんは本当に良い先輩です。」
というお言葉でしめくくり。
 その後、お二人の御所属事務所が変わっても、『VOYAGE~光の射す方へ~』で天野さんと共演された吉田さん、変わらず天野さんを大事に立ててくださっている感じだったことを思い出すと、ちょっとじんとします。


2013/06/19(Wed) 00:32
牧歌的天野浩成さん情報BBS
http://www42.tok2.com/home/bokkateki/cgi-bin/linebbs/line.cgi
に書き込み
スポンサーサイト
[ 2013/06/19 00:32 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
月別アーカイブ
プロフィール

守峰 優

Author:守峰 優



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。